動物の意外性

【わんちゃん】【お盆飾り】ワンちゃん用「お盆お迎えセット」【お盆飾り】【迎え火】【送り火】【お盆】【新盆】【愛犬】【犬】【ペット供養】【ペットロス】【迎え盆】【送り盆】【ペット仏壇】【ペット仏具】【初盆】【盆飾り】



【わんちゃん】【お盆飾り】ワンちゃん用「お盆お迎えセット」【お盆飾り】【迎え火】【送り火】【お盆】【新盆】【愛犬】【犬】【ペット供養】【ペットロス】【迎え盆】【送り盆】【ペット仏壇】【ペット仏具】【初盆】【盆飾り】
価格:3,520 円
                                              家族同様に愛して育てたペットが天国へ行ってから迎える初めてのお盆。

ペット達もきっと会えることを楽しみにしているはず。

私たちは、迷子にならず、ちゃんとお家に帰って来れるように 準備してお盆を待ちましょう。

哀しみは癒えることはないかも知れませんが、「お盆」という形にすることで、 ペットがなくなったという事をちゃんと受け止め 明日への一歩を踏み出せるいい機会になると思います。

庵心堂の商品で 少しでもお役に立てることができれば幸いです。

この「お盆お迎えセット」は、猫ちゃん用、ワンちゃん用の2種類をご用意しております。

迎え火から送り火、お片づけまでのお盆飾り一式がセットになっています。


商品名 :  ワンちゃん用「お盆お迎えセット」
メーカー :  高山商事
セット内容 : ・ワンちゃん精霊馬(高さ約12.5cm×幅約16.5cm×奥行約4.5cm) ・真菰(まこも)のお敷物(幅約31cm×奥行き約19cm) ・迎え火送り火用素焼きお皿(茶皿)(径約11cm×高さ約2cm) ・迎え火送り火用麻がら(長さ約29.5cm) ・お供え用ハスの葉(径約12cm) ・お供え用ご飯皿(白皿)(径約8.5cm×高さ約2cm) ・ほおずき飾り(幅約4cm×長さ約6cm紐含まず) ・お浄めセット(お清め塩・和紙)
パッケージサイズ :  幅32cm×奥行き約22cm×高さ5.5cm
※手作りのため、サイズには多少の誤差がございます。
※天然素材を使用している為、色や形等画像とは異なる場合があります。
※手作り品がほとんどのため、ゆがみや接着面などに作りの甘い部分がございます。

すべて良品でございます。

ご了承ください。
※季節商品でございます。

メーカー在庫が終了した場合、お盆前であっても販売を終了する場合がございます。

お早目にお求めください。

この世を去ったペットたちは、虹の橋を渡って天国へ向かいます。

天国の手前にある緑の草原 食べ物も水も用意された暖かい場所で、 老いや病気から回復した元気な体で仲間と楽しく遊び回る。

しかしたった一つ気がかりなのが、 残してきた大好きな飼い主のことである。

これは「虹の橋」というお話の一節。

お盆は、大好きな飼い主に会いにくることができる日。

私たちは、迷子にならず、ちゃんとお家に帰って来れるように 準備してお盆を待ちましょう。

お盆の時期は地域によって異なります。

旧暦の頃は、7月15日を中心に、13日を迎え盆、16日を送り盆とし、 この4日間をお盆の期間としていました。

(現在は関東圏が多いようです) 新暦になると、ひと月遅れの8月13日から 盆行事を行うのが一般的になってきています。

お盆の準備は、この「お盆用お迎えセット」におまかせください。

手順は説明書が同梱されていますので ここでは、簡単に説明させていただきます。

お盆の時期に盆棚やお仏壇に敷いて、 その上にお供え物や精霊馬などのお飾りを置く敷物です。

真菰はイネ科の植物で、お釈迦様が真菰の敷物で 病人を治療していたとも言われる古来より神聖な植物です。

お釈迦様の救いの手を表す5色の糸で編まれています。

本来は、ご先祖様の乗り物ということで、 行き(迎える時)は、馬に乗って足早に戻って来て、 帰りは、別れを惜しみ牛でゆっくり帰ると言われています。

ですが、ワンちゃんは乗り物は必要としないので、 ワンちゃんに見立てた真菰の精霊馬を使っています。

蓮の葉は、「水の子」という食べ物を乗せるために使われます。

お盆は、ご先祖様だけでなく、すべての霊をおもてなしするということから 餓鬼道に落ちた無縁仏のために用意されるものが「水の子」です。

キュウリやナスを水に浸したものを言います。

ワンちゃんには、おやつやおもちゃなどを乗せるといいと思います。

生前大好きだった食べ物やおやつなど 普段より豪勢に(笑)お供えしてあげましょう。

ほおずきは、漢字で書くと「鬼灯」と書きます。

「鬼」は、本来、霊魂・精霊という意味があり、 つまり「精霊」のための「提灯」に見立てられています。

道に迷わないように目印として飾られるようになりました。

表皮を剥いだ麻の茎を乾燥させたものです。

日本では麻は古来より神聖視されていて、 神社のしめ縄などにも使われます。

半分は、迎え火に、残りの半分は送り火につかいます。

小さく折って、素焼きのほうろうにのせて焚きます。

これも迷子にならないための目印です。

間違えそうな道の角で焚いてあげるといいでしょう。

(住宅環境により難しい場合は、形だけでもいいと思います) 麻がらを燃やすためのお皿です。

16日に片付けた盆飾りは、送り火を焚くときに燃やすか 川に流す風習が一般的でしたが、 どちらも近年の環境問題でできない地域が増えています。

また、菩提寺で動物の供養をしてもらえない方もいらっしゃいます。

このセットでは、お清めのお塩と和紙を一緒にお入れしています。

真菰、ワンちゃん精霊馬に塩を振り、白い和紙に包んで 他のゴミとは別にして、可燃物として処分してあげてください。

その他のお飾りは、各自治体の取り決めに従ってご処分ください。





記事一覧

( 11件 )




  猫用品 (ペット・ペットグッズ) ランキング

  室内ペット用家電 (ペット・ペットグッズ) ランキング

  ペット・ペットグッズ ランキング