北朝鮮軍事力

Sponsered Link

 

北朝鮮軍事力,北朝鮮の軍事力

 

北朝鮮の軍事力の動画

 


空中でエンジン点火し発射


北朝鮮軍のパレード


北朝鮮軍の砲兵部隊の訓練

 

 


北朝鮮軍のデモ


潜水艦発射弾道ミサイルに成功


発射試験を現地指導


改良ミサイル発射に成功


改良型ICBMで米けん制


北朝鮮海軍の戦艦と駆逐艦

 


北朝鮮の異例の軍事訓練


自衛隊と北朝鮮軍の比較動画


北のミサイル発射を報じる

 


北朝鮮軍のドリル


北朝鮮軍を分析


核ミサイルで攻撃されたら

北朝鮮が4発のミサイルを同時発射

 

韓国軍は、北朝鮮が日本時間の3月6日午前7時30ごろに、

北西部から日本海に向けて4発の弾道ミサイルを発射し、

およそ1000キロ離れた日本海に落下したと発表した。

 

ミサイルは、ほぼ同時に4発が発射されて、

発射地点から東に約1000キロ離れた日本海に

落下したということである。

 

発射されたミサイルの高度は最大でおよそ260キロに達したようでだ。

また、ICBM=大陸間弾道ミサイルが初めて発射された可能性は

低いと指摘したうえで、ミサイルの種類など詳しい情報の収集と分析を進めている。

 

アメリカ軍と韓国軍による定例の合同軍事演習は

2か月間にわたり実施され、北朝鮮がさらなる弾道ミサイルの発射などを

強行する可能性があるとみられている。

 

今回の北朝鮮のミサイル発射の狙いは、アメリカのトランプ政権の出方を探る狙いが

あると見られている。

 

北朝鮮は、アメリカが最新の迎撃ミサイルシステム THAADの韓国への配備を進めることに

強く反発している。

 

北朝鮮側は、自衛のために行う弾道ミサイルの発射実験は違法であるはずがない。

と主張し、弾道ミサイルの発射を頑固として正当化している。

 

北朝鮮のミサイルを、日本の排他的経済水域に落下させることで、

同盟国のアメリカに歩調を合わせている日本に対しても、

揺さぶりをかける意図があった可能性もある。

 

北朝鮮が米首都をミサイル攻撃する映像を公開

 

北朝鮮が自国の軍事力を誇示するために、アメリカの首都ワシントンD.C.を

潜水艦から核ミサイルで攻撃するという想定の動画を公開した。

 

この公開ビデオには、米国と朝鮮関係の歴史が描かれており、

雲の中を飛翔するミサイルが方向転換して米ワシントンDCの道路に激突し、

衝撃で爆発するアメリカ合衆国議会議事堂が映し出されている。

 

北朝鮮がもしも、アメリカ本土に大陸間弾道のミサイルを発射したら

同時に日本と韓国にも打ち込む可能性がある。

 

それに対抗して、アメリカが北朝鮮にミサイルを発射した場合、

ロシアや中国がアメリカに対して、その報復として、

核を発射する可能性もあり得る。

 

Sponsered Link